So-net無料ブログ作成

美容・健康機器の「ヤーマン」 販売好調で大幅高に [ニュース]

スポンサーリンク<br/>



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000012-zuuonline-bus_all

9月20~23日の東京株式市場は、日銀が金融政策決定会合で打ち出した「緩和強化策」を好感した買いが一時的に先行する場面が見られた。

「緩和強化策」は債券市場での売りを誘発し、マイナス圏で推移していた長期金利がプラス圏へと上昇した(国債価格は下落)。円相場も一時1ドル=102円台まで下落したが、その後は海外市場で強含むなど方向が定まっていない。目下のところ、株式市場を含めてトレンドを大きく変えるには至っていないようだ。

(1)ヤーマン<6630>+55.06
(2)ノバレーゼ<2128>+49.89
(3)ブレインパッド<3655>+29.45
(4)ダブル・スコープ<6619>+28.91
(5)マネースクウェアHD<8728>+26.14
(6)シーアールイー<3458>+25.79
(7)メガチップス<6875>+25.42
(8)日本金銭機械<6418>+23.09
(9)神戸物産<3038>+20.83
(10)ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657>+20.57
※銘柄、証券コード、25日移動平均かい離率の順。

直近の25営業日には、8月の夏枯れで市場全体の出来高が細った時期も含まれる。相場が動意薄となる中、新規の手掛かり材料の出た中小型株を物色する動きが強まったようだ。

■ヤーマン、美容・健康機器の販売好調

今回はヤーマン、ブレインパッド、日本金銭機械をみてみよう。

9月13日に公表した5~7月期連結決算で、営業利益が前年同期の約2.2倍の11億700万円になったことが伝えられた。市場予想を大幅に上回る内容と受け止められ、買いが殺到し株価を大きく押し上げた。

美容家電や健康機器は、電化製品が浸透した成熟社会にあっても需要が根強いとされている。

■ブレインパッド、人工知能関連ビジネスで存在感発揮

ブレインパッドはデータ分析を強みとする新興企業。ビッグデータの活用のほか、レコメンドや広告最適化などのデジタルマーケティングサービスの提供により、顧客企業の商品販売を促進する支援事業を行っている。

このところ、人工知能関連のニュースリリースを積極的に発表しており、市場参加者の注目を集めたようだ。

■日本金銭機械、カジノ関連株として人気化

日本金銭機械は、硬貨計数機などを主力とする貨幣処理機大手だ。

カジノを含む統合型リゾート(IR)施設は23年開業を目指している。同じ夢洲で万博とIRのプロジェクトが同時進行すると伝えている。


ヤーマン RFボーテ キャビスパ HRF-2 キャビテーション ラジオ波 EMS 3種同時使用可能

ヤーマン RFボーテ キャビスパ HRF-2 キャビテーション ラジオ波 EMS 3種同時使用可能

  • 出版社/メーカー: ヤーマン
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品






スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。